京急蒲田の「志ら井」でお団子

東口にある和菓子屋さん。

この日は大失敗に終わった下町ボブスレーを冷やかしに産業プラザに寄ってみたのです。

その入口に、こんな和菓子屋さんがあったんだね。

いかにも町場のお店という構えでありますが、なんと寛永創業の老舗ということで、ちょこっとだけ覗いてみることにしました。

名代はお団子で、コシヒカリを自家製粉してついているようです。

いびつな形は手作りの証。
夕食後にいただく頃にはチョイ固くなっていましたね。

あんこなども下町風のとっつきやすいお味。

表の看板にあった”本物の大福”も気になりましたが、草餅などと共にそうそう売り切れでした。草餅だけに、草餅だけに!

コメント

  1. ぴーさん より:

    ここは懐かしい味ですね
    昔からあるなとはおもってましたが
    江戸時代ですか
    わかりません(笑)

  2. 管理人 より:

    >ぴーさんさん
    長らく家業を絶やさないというのはもの凄いことだなと思います。
    消費環境の変化もあるし、子供だって、そうそう言う事聞かないし。