蒲田の「やわらかシロコッペ」で小倉マーガリン

改札前に出来たコッペパンのお店。

こちらは「コメダ珈琲」の系列なんだって。

そこそこ売れてると思ってたクロッカンシューがいつの間に撤退。

やっぱ、この手の経営は、潮目読みと腰の軽さがキモなんだなぁと思いつつ、諸々乱立しだしたコッペパンの新店を眺めます。

基本的には他店と変わりません。
あとはコメダブランドの力で、どこまで行けるのかというとこでしょう。

コメダ=名古屋=小倉。
ということで、小倉マーガリンです。

ほどよく炊けた粒あんが唯一コメダっぽいところ。
ただ、これはすでに他店の定番目メニューでもあるため、他のラインナップを含め、新味は薄いかなぁ。

こちらはパンがフニッ柔らかい白コッペであるところがポイント。

でも、コッペはそもそも柔らかいんだよ!!!ってことで、
なんか野暮ったい風合いにもなってしまうし、これもあんまかなという印象でした。

サイズも小ぶりで、チョイ食べ足りなくもあり、
今んとこは競合のない場所へ出してきた価値だけかもね。