蒲田の「歓迎」で揚げ茄子餃子

スポンサーリンク

大田区消費者生活センターに入る中国大衆中華店。

蒲田に餃子を食いに行こうぜという話になりました。

ぶっちゃけ、餃子なら中華街や伊勢佐木町でも十分なのですが、近場で息を潜ます暮らしが長く続いたので、ちょっくらお出かけしたい今日このごろなのです。

概ね八木氏の一族郎党により経営される蒲田の羽付き餃子店郡。いわゆる御三家の中でも、特に活発なのがこちらの系列かなと感じます。

本店が区の施設に入っている時点で、当初から育成枠であったことが伺えますよね。今では支店も多いですし、駅前の繁華街からはちょい外れてた立地なので、空いてるかなと思ってやって来たのですが、自粛期間が明けたばかりのこのタイミングですでに超満員。つか、自粛なんかしていたか怪しいくらいの賑わいです。もはや、アクリル板の意味がわからねぇレベルで近接した席がみっちみちよ。

うちらもうっかり入店しておいて、とやかく言うのは筋違いですが、コロナ下にこのやっちまえ感。まさに久々の蒲田へやってきたんだなという感慨です。

メニューは町場の大陸中華店風にとりどり揃っておりますが、基本的にお料理は期待はできませんね。これだけお店があって、お客さんも大勢来ているのに中華食が全く洗練されない蒲田です。

名物の羽付き餃子は注文後、秒で出てくるからね!

お客の全員が注文するので、厨房ではひたすら焼き続けているのでしょうが、焼きたて熱々を供することにはこだわりが無いようで、ややヌルいのがやってくるのが蒲田らしさだな。

ぶっちゃけ、羽はじっとり油を吸っており、食べる上ではいまいちな飾りなんだよね。

厚めの皮がぷっくり焼けてます。餡は中国本土渡来というより、むしろ日本大衆に迎合しまくったチューンに感じるよね。もはやケミカルにためらいのない、そこらのラーメン屋風の気安き味わい。だからこその大人気なのかもしれません。

近年は羽田の行き帰りに蒲田に立ち寄る観光客もおられると聞きますが、注文するなら、餃子とビールだけで十分であることをしかと覚えておいてください。  

歳を取ると喉が詰まりやすく、潤滑剤代わりのトマトと玉子スープ。

これもチョッパヤで出てきますが、スピードに比例してやっつけたお味なんだよな。やはり、その他、麺飯やお料理は期待できないことを確認します。

もっとも値段も安いのに、丼一杯作ってくれちゃって、うれしいんだか、うれしくないんだか。

エビ入り水餃子。

こちらはちゃんと茹でたてが出てきますよ。やはり本来はこっちで食うものかなって気もしますが、餡がね、だいぶ大衆的なので、もったいない気もします。 

揚げ茄子餃子はどんなもんかなと思ったら、スライスした大ナスで肉をはさみ揚げたものでした。

揚げたてのアッツアツ。薄い衣をクシュッと噛むと、灼熱のなすがトロッとして、旨いな。

ただ、青臭いくらい強烈なにんにく醤油ダレが添えられ、やっぱ蒲田の中華は甘くねぇわ。

コメント一覧

  1. ここの店舗は混んでますよね。
    並ばずにふらっと、いって入れたのは一回かなと。
    といって近所のとんかつ檍も隣のカツカレー屋並んでおり、結局は松屋系列の回転寿司、すし松で一杯やることに(笑)。

    ちなみに京急川崎にあった歓迎の店舗は無くなったようです。

  2. >ぴーさんさん
    他の空いてるお店で食っても変わらないんですが、たまにしか来ない場合は無駄に本店を目指してしまう習性です。ホントは宿題リストが溜まってて、餃子なんか食ってる場合ではないんですが。

タイトルとURLをコピーしました