淡路町の「竹むら」で揚げまんじゅう

神田須田町にある甘味処。

老舗が点在する閑静な界隈で、しっとりと営業していたのに!

某ラブライブで某穂乃果ちゃんの実家として描かれてしまったのが運の尽き。
アキバ方面から、身の毛もよだつようなTシャツ&缶バッジで武装したキモ男女が大挙押し寄せて、地巡礼の行列が途切れない状況が続きました。

戦火をも生き延びた竹むら80余年の歴史において、これほどの異常事態があっただろうか!

大丈夫なのか、竹むらは。
それっぽいコーナーやノート、それっぽいメニューを作ったり迎合してるんじゃないか。

この日、若干の心配を抱きつつ、入店したわけですが、
拍子抜けするほど元のままで安心しました。

お店の方の接客も変わらず優しく、彼奴らの襲来を経て、やさぐれてないのが偉いよ。

もっとも、普通っぽく装ってる、お客のお前ら!!
グッズを着用してなくても、ヲタクのクセェ気配は隠せないんだからね!!

私もだけどね!!!ファイトだよ!

看板の揚げまんじゅうはやはり旨いです。

菓子の甘さに、コッテリとした天ぷら感まで味わえちゃうデブ向けメニュー。
サックリ揚がってホッカホカ。中のあんこもおいしいね。

そして二個なのが良いの。
家だと絶対一個しか食べさせてもらいないんだけど、お店なら二個食べられる贅沢!!
これが甘味屋の醍醐味だな!

ところで、これって、できたてしか食べたこと無いんだけど、お土産にするとどうなるのか?今度なんかの機会に試してみなくてはね。 

手前はあんずあんみつ。
なぜ甘味屋は杏を使いたがるのか、缶詰を含め果物が高かった頃の名残りなのか。

とにかく、いい具合に戻してあって、ほどよい甘酸っぱさが甘みをさっぱりさせるのです。