淡路町の「かんだやぶそば」でせいろう

スポンサーリンク

神田淡路町にある蕎麦の老舗。

お店が新しくなってから、初めて入るんじゃないかな。かなり久しぶりの来店となりました。

件の火事でこの先どうなっちゃうのかと心配しましたが、すぐにこんなステキなお店を、しかも平屋で再建できる点、やはり半端ないブランドなんだなと感じます。

丁寧な接客、語尾を伸ばす独特の挨拶やオーダー、そして帳場から客席や厨房に鋭く目を光らせている主人と女将。やぶそばらしさは健在でしょう。

まぁ、らしさを語れるほど通っては無いんだけどね。

季節の天ぷら。夏野菜がいろいろです。

天ぷらの衣は、どちらかというとフリッターに近く、クリスプというよりはソフトな口当たり。衣でまんべんなくコーティングされているからか、タネはみずみずしく蒸された感じで、なかなかおいしいです。

濃厚な冷山かけそば。

ほんのり緑がかったせいろうそば。

ここはお蕎麦そのものよか、濃いつけ汁の醤油っぽい香ばしさがキモかなと思っています。

お蕎麦の盛りはハゲの残り毛のごとく、うっすいから、秒で吸い込まれますよ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました