玉川学園前の「レ・ミレジム」でメニュー・プルミエール

駅前のメインストリートにあるフレンチ。

シェフは「クィーンアリス」出身なんだってね。

玉川学園前は初めて降りる駅。

昼食どころの見当もつかず、
たまたま目に入った看板につられて吸い込まれてしまったのよ。

お店は小さなビルの3階にあるんだ。
ペントハウスというか屋根裏というかスペースはやや窮屈なんだけど、
この日は時間も遅かったためか、あまりお客もおらず、貸切状態だったな。

もっと気さくなビストロかと思ったんだけど、
煌めく飾り皿やキャンドルに出迎えられ・・・

夏休みの学生ばりな己のサンダル短パンルックを呪ったわ!

ホールのお兄さんはとてもしっかりとしたサービスをしていて、
おかげで、卑賎の私も、居心地よくお食事することが出来ました。

直後に予定が入っていたので、
スープ・メイン・デザート・ドリンクという簡易なコースにしたよ。

暑い日には嬉しい冷製のコーンスープには、
かに肉とカニジュレが沈んでいたわ。

おいしいパンも進行に合わせて2種類持ってきてくれる。

メインはお肉とお魚の2種類から。

お肉はナスを巻き込んで焼かれた地鶏。
柑橘の泡をのせて爽やかな食べクチ。

お魚はふっくらカリッと焼かれた目鯛のポワレ。

上に乗った昆布みたいなのはナスの皮を揚げたものなんだってさ。

デザートはクレームダンジュ。
コーヒーもたっぷりなカップでいただけたわ。

ランチなので、素材やお料理自体はオーソドックスなんだけど、
付け合せや盛り付けの部分に、しっかり手間をかけているよね。

まず、見た目で楽しめるハレのお店なのか。
お味もおいしかったし、この値段ならばお釣りが来るでしょう。

レクタン大