渋谷の「瑞兆」でかつ丼

宇田川町にあるかつ丼専門店。

ネットで見て、旨そうだなぁとはるばるやってきました。

横浜市民にとっては華のお江戸の玄関口。
私自身、何年も通っていた場所なのですが、まぁ、用がねぇ渋谷の街であります。

もうね、私のような陰キャにとっては、この街のカルチャーは眩しすぎて、ただ歩くだけで、爪弾きになるような感じですよ。

それでも、東急百貨店を越えて、このあたりまで避難してくれば、一心地つくか、いやいや、最近はこんな場所でもオープン席でクラフトビールを傾ける奴らが進出してるので気が抜けませんね。

もう11月だぞ!こちとらダウン着だぞ!

さて、そんな宇田川町で、周囲から浮いた謎の行列が見えれば、こちらのお店に到着したことがわかります。

狭いカウンター8席のみのお店。
調理の雰囲気も、結構気さくなんですね。

メニューはカツ丼とビールのみ。
ご飯の量は加減してくれるようで、これは大盛りです。

首都圏ではカツ丼というと、いわゆる煮カツ丼。
甘辛玉子とじのタイプが鉄板です。

でもね、とんかつ的な目線では、せっかくの揚げたて衣がしんなりしてしまう欠点もあって、我々揚げ物教の信者も、心の何処かでわずかに満たされない思いを募らせてまいりましたよ。

そこで煮ないカツ丼の登場です!
ご存知ソースカツ丼各種、京都のあんかけタイプ、予め衣に下味をつけていくタイプ。色々ありますね。

しかし、やっぱ玉子は食べたいんですよ!
あの黄色が、カツ丼なのですから!

こちらのかつ丼は、上乗せタイプ。ある意味、理想的かと思ってさ。

ただ、思っていたのとは違って、玉子に味付けがないのね。
都度、表面ユルめに焼かれる薄焼き卵の上に、それほど厚くない揚げたてカツを乗せ、醤油ベースの甘辛ダレをたっぷり掛けた仕上がり。既存のカツ丼とはチョイ違った風合いで、むしろ焼豚玉子飯を彷彿させるような感じかな。

もちろん、おいしくいただきましたよ。
ただ、カツ丼自体のクオリティというよりはアイデアと合理性のお店かな。その分、「かつや」等に、結構簡単にベンチマークされてしまいそうな気もしますね。

あと、お店のお姉さんたちが美人でした。
うん、渋谷のお店にも、良い要素はあるな。