新橋の「末げん」でかま定食、たつた揚定食

ニュー新橋ビルの裏手にある鳥料理屋さん。

かの三島が最後の晩餐に選んだお店として有名だよね。

料理屋の箔付けは文人の名前が使われるのは鉄板だけど、
近年ではどうなんだろうか?

直木賞選考者の林真理子先生行きつけって言われても、全然憧れないよな!
むしろ全力で避けたい気もするしな!

さておき、周囲の派手な風景に埋没してしまいがちな上品な店構えです。
Tシャツ短パンではなんとなく入りづらくて、今日まで来てしまった感じ。

店内は小奇麗で、思ったよりも奥行きがないんだね。
座敷の他、気さくなテーブル席も用意されていますよ。

意外なことに、お上りのジジババというより、
周辺のリーマン客が目立ちますね。

お昼は営業時間も短いし、決して安いわけでもないのに、
背広姿が後を切らさずやってきて、行列まで出来ちゃいますよ。

お昼の定食はお決まりの3種類のみ。
聞き耳を立てた限りでは、リーマンの一番人気は唐揚げ定食っぽかったわ。

食べてみたかったのが、名物のかま定食。
鶏挽き肉を使った親子丼です。

挽き肉と聞くと、デブ的にはいまいち貧乏臭く感じてしまうのですが、
こちらのそれは別物。コクと風味がリッチで物足りなさを感じません。

卵層がふんわり厚くて、優しい口当たり。
お米も卵かけごはんのようにこってりコーティングされていますな。

食べやすいし、歯弱な高齢者にもオススメかと。

ただ、ちょっとしょっぱいのよ。
お味自体はとてもおいしいのだけど、
普通盛りだとご飯とのバランスが悪く、やや過剰な印象なんだよね。
そもそもが小ぶりなので、むしろ飯大盛りが正解も気がするな。

おいしい鳥スープと小鉢、漬物付き。

もう一つ、試してみたかったのが、たつた揚。

こちらのそれは、よくあるカタクリ粉揚げではなく、
鶏と鴨のメンチだっていうから面白いよね。

割ってみるとこんな感じ。

鶏と長ネギとで和のイメージだけど、
ソースを掛けて食べてみるとすごく上品でハイカラなお味なの。

ふんわりしていてお肉の間からジュワッと汁が滲みます。

うまーーーい!

やはりご飯は軽盛りで、お代わり不可なのが寂しいとこ。

新橋は飲食店も多いけど、気さくなゲテ系が多いので、
駅チカで小奇麗にお食事したい時には、まずまず使えるお店なんじゃなかろうか。

レクタン大

コメント

  1. ぴーさん より:

    管理人さま
    新橋でおしゃれなお店とは、全くイメージできておりませんでした。
    新橋でランチは駅前の
    天丼あきばで私はきまりでしたが、このお店も行きたいなあ。
    ありがとうございました。

  2. 管理人 より:

    >ぴーさんさん
    久々の新橋だったのですが、
    ニュー新橋ビルとかにやたら丼のお店が出来ていましたね!
    もうちょっと東京にも遊びに行かなきゃなぁ。