大泉学園の「大吾」で爾比久良

横浜高島屋の諸国銘菓コーナーに売っていました。

銘は”にいくら”って読むんだそうです。
以前、どこかの雑誌でオススメされてたのが、頭に残ってたんだわ。

いや、これはすごくおいしいな!

立派な栗の甘露煮を中心に、若干のあんこと謎の粉を固めたお菓子。
外側はさらし餡みたいなもんだと思うんだけど、口に入れるとホロリほどけて、ふんわり玉子の風味が口内に広がるの!

これが粉っぽく残ることもなく、すっときれいに消えていくんだよ。
この何とも言えない上品なお味と絶妙な加減!まさに銘菓!まさに技!

なるほど東京にもこういう素晴らしいお菓子があるんだなぁ。
皆さんも、見かけたらぜひ買ってみてください。

なお、一個が美容石鹸くらいあるので、半分つしてもいいかもよ。

レクタン大