吉祥寺の「小ざさ」で最中

北口の昭和な店舗密集地帯にある和菓子屋さん。

朝も早ようから、名物の羊羹を求める行列が40年間途切れないことで有名なお店ですよね。私も遠い遠い昔にたった一度だけいただいたことがあるのですが、死ぬまでに、もう一度食べられるかはわからんな。

実のところ、お店の主力はもう一つの商品である最中で、これは普通に購入できます。幻の羊羹を旗印に、最中で稼ぐ図式なのであります。

ただ、アコギな商売ではありません。羊羹も最中も安価に提供されており、きちんと真面目に作られたものだからです。

強さや重さ、個性みたいなものは見えませんが、最中らしい最中という、今となってはかえって貴重な、おいしい一品でありますよ。