スポンサーリンク

羽田空港の「新宿アカシア」で豚のミンチカツとロールキャベツシチュー

第2ターミナルに入る洋食屋さん。

ネットで見て、 こちらが国内唯一の支店ということを確認したのですが、それと同時に、なぜかドイツにも出店していることにビックリしたわ。受け入れられるのか?この味が?

空港内のレストランはどこも割高だし、食事時はめっちゃ列んでいるからゲンナリしますよね。

そんな中で、こちらは決して大きなお店ではないのですが、比較的回転もよく、値段も本店と同水準に抑えてあるため、空港関係者が利用する姿も、ちらほら見えますよ。

メニューは若干絞られているのかもしれませんが、新宿本店とも大きく変わりませんね。 名物のロールキャベツを軸にした組み合わせメニューが豊富です。

一押しメニューの豚メンチ&ロールキャベツ。

ああ、これこれ、これよ!

久々に食べましたアカシアのロールキャベツです。スプーンで切れる柔らかさ。お肉はほんのり獣臭くて、シチューはペラッペラでしょっぱいな! 

聞くところによると、チキンベースのキャベツの煮汁を小麦粉のルーで伸ばしたものなんだって。これに関しては、そのまますすっても侘しいだけで、ご飯にかけて、はじめて体裁がつくものだと思うの。ミルクで丸めていない分、米の甘味で補う必要があるからな。

ロールキャベツとポークカレーの合盛りであるキャベカレです。

メニューには別盛りのセットもありますが、それを頼もうとしたら、親切なお姉さんにこっちがいいですよと勧められました。たしかに落ち着いて吟味してみたら、よくわからない価格差があるわ。

帆立貝のクリームコロッケとロールキャベツシチューのセット。

お料理については55年間変わらない味が売りということですが、垢抜けないというか、野暮ったいというか、美味しさをアップデートしていないとこが、アカシアらしさかなと思います。

ただ、リーチの範囲は私らの世代までがギリギリなんじゃねーかという気もするので、若い人の感想も聞いてみたいですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました