スポンサーリンク

ホテル椿山荘東京の「ル・ジャルダン」でイブニングハイティー

自慢のお庭を望む、椿山荘のロビーラウンジです。

東京のど真ん中でホタル観賞が出来るなんて、ええやん、すてきやん。

ということで、やってきた「椿山荘」なのです。周囲には早稲田大学くらいしか無いし、アクセスもかなり微妙。ちょっと背伸びした奴らの結婚式場というイメージのホテルでありますな。

たしか、何年か前にフォーシーズンズホテルズとの提携を解消して、藤田観光の独自経営となっていますが、庭園など和の要素も散りばめたラグジュアリーホテルなので、外国人ウケは良さそうですよね。

元は山縣有朋の邸宅だったんだって。三重塔がそびえる広い庭園は、新緑に溢れ、せせらぎにはホタルがふわり飛ぶのですよ。

なお、この庭園は一般にも無料開放されてるから、泊まる必要はないんです。うっかり泊まると、周囲に何も無ぇから、夕飯どころに困っちゃうぞ!

ちなみにホタルの時期は、普段はやっていないビュッフェが開催されています。本来ならば、それを攻めるところなんだけど、クッソ高ぇし、特別面白そうなメニューも見つからなかったので、ラウンジで軽くやっつけることになりました。

こちら特には英国風のアフタヌーンティがウリらしいのよ。んで、夜は茶菓子の代わりに、つまみを三段に盛ったイブニングハイティーでもって、意識高いOLたちを誘っているようです。

一段目はジャンボン・ペルシェ、パプリカとスッキーニ バルサミコクリームの香り、シーフードマリネのエストラゴン風味、紅心大根のピクルス アブルーガキャビア添え。

字面はスゴそうなんだけど、実物はちょぼいよな。

二段目はジェノバパスタ、フォアグラのムース フランボワーズの香り、オイルサーディンのカナッペ。

上から順番に食べていったのですが、瞬く間に消えてやべぇって話ですよ。この時点で、一番近いラーメン店を探す、スマホ検索がはじまりました。

三段目は白いんげん豆の八つ橋仕立て、クリームチーズのキッシュ 柚子風味、黒ごま豆腐のカナッペ、ハニーハム きゅうり チーズのサンドイッチ。

くそぉ! 腹にたまらねぇわ!!! 

ちなみに同時間に入ったお隣のお姉さんたちは、ドリンクのフリーフロープランにしているようで、これら、つまみにはほとんど手を付けず、ひたすらワインを干して、しゃべくりまくってます。あれが正しい利用法なのか・・・

真夕飯をどこで摂るべきかという議論が深まっていた頃、満を持してやってきたのが、シェフ特製ローストビーフです。

これがプライムリブかってくらい分厚いのでビックリしたよ! なるほど! ここで帳尻を合わせるコースだったのか! おみそれしました!

味付けはガーリック醤油とハーブソルト。 近年は低温調理の技術も広まって、かつてのようにカチカチでボソッとしたローストビーフはほぼ見なくなりましたよね。それにしても、ジューシィで柔らかく、とてもおいしくいただきましたよ。

三段のオードブルはぶっちゃけ、もう一歩でしたが、ローストビーフをメインにしたミニコースということなら、まずまず楽しめる内容です。

この季節のオリジナルカクテル。左手のホタルモチーフのやつが素敵でした。

下戸なので、酒の代わりにデザートがつくプランにしていますよ。

スイーツは英国よかアメリカっぽいのね。抹茶のオペラ、NYチーズケーキ、生姜のアイスを添えたアップルパイ。どれもたっぷりサイズで、お味もなかなかいい感じなの。特にチーズケーキがおいしかったのよ。

この他、コーヒーやお好みのお茶がポットサービスされます。

最後にはちゃんとお腹も膨れたので、結局、締めラーメンは無くなりました。いや、お店が近かったら行ってたけどな、やっぱアクセス悪いんだよ!

コメント一覧

  1. 椿山荘のホタルは、見れましたか?

  2. >ぴーさんさん
    ホタル期間の頭だったので、ずっと待ってて、2,3匹見えるか見えないかくらいでした。
    ただ、ホテルがケースで飼育しているホタルのコーナーがあるので、全く見られないということは無さそうです。

タイトルとURLをコピーしました