スポンサーリンク

早稲田の「北海道おはぎ よしかわ」でつぶあん

穴八幡宮の近くにあるおはぎ屋さん。

食後のおやつを探してたどり着きました。

古くからの学生街にはたいてい、教授御用達的な和菓子、洋菓子のお店があるイメージなのですが、早稲田の場合はどのお店になるんでしょうかね? 

貴様の胃に軟弱スイーツが入る隙間があるのなら、黙って茄子カラ弁当でも詰めておれというバンカラ基質なのかもね。

さておき、こちらは比較的新しい、おはぎの専門店。北海道砂川市で和菓子を製造する「吉川食品」経営の第1号店のようです。

扱うのは、おはぎと大福にアイスモナカ。おはぎは注文後にお姉さんたちが握ってくれるんですよ。付加価値高ぇな!

おはぎの種類はつぶあんとこしあんに、あん無しのきなことごま。中のお米も黒米やよもぎ入が選べたのですが、この時は品切れが多く、オーソドックスなつぶあん&白米のおはぎをいただきました。

甘みはあまり効かせず、素朴で真面目なお味です。ただ、ご家庭のように雑味が交じることなく、すっきりしてるとこが専門店ならではなんでしょうね。

中のお米ももっちり柔らか。試しによもぎの大福も買ってみましたが、お餅は厚みがあってさっくりとした食感でしたよ。

おはぎをあえてTOKYOでならべるならば、色とりどりのものをきゅっと小ぶりに作って、お味も相応に強めるイメージなのかな。

その点こちらのそれは若干田舎っぽさを残すバランスで、早稲田の学生たちにリーチするお菓子というよか、地方に魂を残してきている高老年向けって感じもするから、どうなんじゃろ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました