両国の「國技堂」であんこあられ

スポンサーリンク

国技通りにあるお菓子屋さん。

駅の南口からほど近い場所。

とはいっても、大晦日の夕方に街を歩く人の姿は殆ど見られませんよ。すっかり静まり返った街をとぼとぼ歩いていると、店頭のビカビカが目に突き刺さってきました。

商品はおかき類を中心に扱っていますが、一部、らしからぬ開運雑貨類なんかもならんでいます。きっと、お相撲観光のお客さんが多く訪れるお店なのでしょうね。

名物はおかきにあんこを乗せた、あんこあられ。

そういえば、雑誌とかで何度か見たことがあったなと、試しに買ってきましたよ。

ブルボン往年のピッカラのごとく、クルンと丸めたおかきの凹みに得体のしれないディストピアな何かを絞ったもの。

あんこ・・・と言われているのだけど、前知識なく食ったら、なんだか分からないだろうな。特に甘くもなく、さらしあんの粉をチョコのように固めた、風味も味もはっきりしない何か。

例によって、虚ろな記憶をたどっているわけではないのよ。今まさに、こいつを2,3つとつまみながら書いているのです。

だけど、これをどう表現したら良いのか分からないし、なんでこんなもの作って売ってるのか、それを無批判に拡散しているメディアにもムカムカしてきて、ゴールが見えない状況です。米菓の方は普通なんだけどね。

もともと私は甘じょっぱい取り合わせが大好きだから、あんことおかきの合体菓子なら普通に受け入れられると思うのです。でもコレは無いわ。

どっかの時点で踏み外しちゃったんだろうな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました