両国の「中田屋茶舗」で相撲番茶

スポンサーリンク

京葉道路沿いにあるお茶屋さん。

それっぽい構えが気になって覗いてみましたが、安政元年創業という老舗だったのか。

本店は近くの両国二の橋の方にあり、こちらは支店という扱いみたいです。

爺さんが、いかにも下町らしい風情で対応してくれましたよ。

両国という土地柄、あらゆる商品に裸身の巨漢図が絡んでくるよな!

とりあえず、店頭アピールされていた観光商品を買ってきました。

通常、この手のお土産品は、パッケージのみをやっつけて、中身は得体知れずというものも多いのです。こちらは地元の歴史ある専門店の手が入っているという部分で、価値が高いと思います。

どちらも安価なので、際立ってどうこう言えるようなものではありませんが、気さくな家庭用としては十分だと思います。玄米茶よか、番茶の方が良いですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました