新高島平の「あぺたいと」で焼きそば(小)

北口から歩いてすぐのとこにある焼きそば専門店。

大分日田スタイルの焼きそばを食べさせてくれるっつーことで一度行ってみたかったんだよね。

駅や団地からも近い割に周囲は人の気配が薄い住宅地。

お店は大衆中華屋をくたびれさせたような佇まいなんだけど、
中はどことなく尖って脂ぎった活気があったな。

この日はお昼過ぎに入ったんだけど、
近所の倉庫街のオトーサン達を中心に賑わってたわ。

メニューは焼きそばと、そこに飯やら餃子やらが付属する定食のバリエーション。
新しく自家製うどんなんてのも出してるみたいだったわ。

単に炒めるのではなく、麺を時間をかけて焼きこんでいるから、
一部が揚げ麺みたいにボキボキの食感になってるんだよ!

油のコクも染みこんで、お味もおいしいですわ。
醤油っぽいオリジナルソースが香ばしくて実にいい具合なんだよ!
そうね、某「想夫恋」よりも整った仕上がりかも。

具は豚ともやしとニラとシンプル。
ごてごて加えず、麺やもやしの食感を味わう感じだよね。

日田のオリジナルってことだけど、中華にも両面焼きそばってあるから、
ソース焼きそばと合わせてアレンジしたとこが偉大なんだろうな。

麺1玉の小サイズは軽食程度のボリューム。
男子は2玉大くらいでも楽勝なんじゃないかな?

生卵はビジュアル的にも避けがたいんだけど、元々の状態でバランスのとれたお味なので、
一旦とかし絡めてしまうと、丸いだけのパっとしない味になってしまうから注意してね!

唯一、不満があるとすれば、B級焼きそばにしては若干高めな値段設定なんだけど、
本場でもだいたい同じ相場だし、この品なら十分にお客が集まるという強気なんだろう。

確かに、もう一度行きたいか問われれば、YESと答えちゃうかも。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大