人形町の「掘留屋」で冷やし肉南蛮そば(太麺)

オフィス街の裏道にあるおそば屋さん。
扉に大盛そばの店って書いてあるぞ!!

桃猫先輩から教わったんだけど、
なにせ一人前の麺が600gあるつーんだから、
よほどの飢餓状態で臨まねば、確実に討ち死にするもんね!
やっと空腹条件が整ったよ!

091107_001

中はカウンターのみの無骨な感じ。
お客はほぼ100%ヤロー、思いつめたようなヤローばかりな!

お店はオッチャンが一人でやってるみたい。
調理している姿は非常にマジメだ!

メニューはバリエーションも多くなくシンプル。
お蕎麦は好みで田舎風でも作ってくれるみたいだよ。

091107_003

でったぁ!
写真じゃ全く分からないけど、まぁ、えっらいボリュームなのよ!
麺がミッチリと入っているので、丼がボウリング球並の重さになっとる!!
また、薬味のネギも大盛で・・・すごいな。

パッと見思い浮かぶのが「角萬」のそれだよね。

肉南蛮は甘辛のバラもたっぷりでおいしいし、
ネギも甘いのだが、かなりあっさりとした味付け。

ツユもダシの香りが楽しむような淡い仕上げなので、
正直言うと、この量の太麺を食わすには、
どっちかにもっと濃いパンチが欲しいと思ったよ。

太平な田舎そばはフェトチーネみたい。
しっかりとしたかじり応えがあって、
もう、そこらの蕎麦とは別の何かを食ってる感じで面白い。

なんだかんだ言いつつも、途中挫折無く、
ぺろりと食べさせるんだから、おいしいということでしょう。

すげぇな、東京は!

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. とっきー より:

    えー食べたんですか、いーなー。
    先日ここに行ったんですよ、そしたら、麺切れだったんですよー。
    うらやましーなー、人形町なんて、なかなか行けないんですよー。
    食べたいなー。

  2. 桃猫 より:

    おもわず、横浜から、来てしまうほど、、、インパクトがあったでしょう。おおかたの要因は、妙に重たい丼ぶり自体の存在感、妙に切迫したオヤジの存在、この二点が、引っ張ってるんですよ。当初は、心意気だけで、、、猛者に振舞っていたのが、、、しだいに、ドカ喰いの聖地化されてしまい、、g数に上限が設けられつつあるトカ。いずれにせよ、以外に食べれる分量だっていうのが、実際に食べてみるとわかります。敵は、蕎麦ではなく、繊維質のネギ!ネギが硬てぇ~よ、ネギ噛めねぇ~。

  3. 管理人 より:

    >とっきーさん
    おお、そりゃ残念でした。
    リーマンのいない週末なら、
    昼過ぎでもけっこう余裕があるみたいでしたね。
    人形町は宝の山なのですが、確かについでがないんだよなぁ。
    明治座・・・という歳でもないしな・・・

  4. 管理人 より:

    >桃猫さん
    行ってまいりました。
    大東京では憧れの宿題店ばっかし溜まってしまって・・・
    そうそう、以外に食べきれるってことが驚きでした。
    桃猫先輩も歯にガタが来てるんじゃないですかぁ??

  5. とも2 より:

    ワシもここは2回連続で降られているのデス
    確かに最近はデカ盛りの聖地扱いされているので、困っているという噂も聞いています…でも、行きたいなぁ~

  6. 管理人 より:

    >とも2さん
    じゃあ、やっぱ、運が良かったんですね。
    しかし、困ってるちゅーのも良くわからんなぁ。
    店主がエスカレートしなきゃ良いだけの話なのに。

  7. つちころり より:

    カレー南蛮を試作中という話が秋ごろ出ましたが、既にメニューにありましたか?
    肉南蛮は、肉をもっと炊いた濃いものをのせてくれると、出汁の良さと合わさって、
    飽きずに食べれると思うのですが。

  8. 管理人 より:

    >つちころりさん
    ごめんなさい、確か無かったような気がします。うろおぼえ。
    でも、店内にカレー臭もしてなかったような・・・
    そうね、肉はもっと濃く味付けてもいいのかなと私も思いました。