鶯谷の「笹乃雪」で朝顔御膳、朝顔湯豆腐御膳

根岸にある豆腐料理の老舗。

ここは話のタネに一度行ってみたかったんだよね。
「あかね空」読んだしな!

パッと見、歴史というより、使いこんだ感じの店構えなんだけど、
店頭に立つと下足番がタイミングよく戸をひいてくれ、
ファーストインプレッションはとても気持ちがいいよ。

広い玄関の脇に帳場が見えたり、中はどこぞの旅館のようなつくり。
相席用の広間は窓からちょっとした庭が見える設えになってるの。

広間はあんまり広くはなくて、席もゆったり目にとってあるから、
満員になっても、客数は知れているかな。

この日は平日だったこともあって、そこそこの入り。
やはりちょい上品なジジババの年代が多いみたいだわ。

メニューはほぼ定番品で固められてて、
コースも季節のものがちょこっと加わるか否かの差。
平日は別途ランチもあるのだけど、ひと通りいただける方にしてみたよ。

メイン食材が豆腐なので、原価も知れてるけど、
まぁ、観光代込で、それほど抵抗はない価格設定よ。

まずは小付、胡麻豆腐、あんかけ豆腐。

名物のあんかけ豆腐は「一皿では足りないから・・・」
なんていう殺し文句があるわけなんだけど、
お猪口を少し大きくしたような器が小さいのよ!
量的な部分で2個食わなければ足りないわ!!

お味は甘め濃いめの餡を辛子がいい感じに締めていて、
豆腐もなめらか、やわらか、上品。
なかなかおいしいよ。

小付はカニのゼラチン寄せだっけかな?。
味噌が乗ったごま豆腐もやっぱなめらかにできてるわ。

次は季節の一品、軟骨入りの鳥しんじょってことだったんだけど、
サイトや店の品書きでは生盛膾、冷奴ってなってるはず。

おそらく、やっこは寒ぃだろってことで、
冬仕様の変更なんだろうけど、注文時に断りがなかったのよ。
こっちは冷奴が食べたくて頼んでるのに、なんだかちょっとなぁ。

こっちは季節限定っぽい湯豆腐のコースね。
奥にちらっと見えるのが、自分で混ぜて食べる白和えの生盛膾。

こっちには小付やあんかけ豆腐はついてないんだけど、
ごま豆腐は付いてくる。

湯豆腐はお醤油と薬味でいただくんだけど、
やはり豆腐が頃合いでおいしいなぁ。
あったまるし。こっちのほうが良かったかも。

絹揚はコロっとちっちゃいんだけど、
揚げたてアツアツ&ふわふわでおひしひ。

雲水はカニとしいたけの湯葉包みを、
豆乳汁でいだだくもの。

豆乳汁って、普通豆くさかったりするんだけど、
まったりクリーミーで綺麗な仕上がりよ。
蟹の甘みともあってるね。

うずみ豆富は、豆腐とわらびやらを煮たものを乗せたダシ茶漬け。
うん、無難においしいわ。

最後は豆乳アイス。
お味はいいけど、どうしても固まってしまうので、食べづらいかも。

京風というよりは、幾分お江戸下町に振れたお料理かな。
比較的シンプルで驚きこそないけど、
定番品はさすがに磨かれていて、手堅かったよ。

コースのボリュームはややコンパクト。
年配女性に調度良いくらいだと思うよ。

豆腐ばっかで飽きるかとも思ったんだけど、
それぞれ味の変化もつけられていて、特に問題は無し。
そもそも飽きるほど豆腐が出てこなかったしな!

給仕はヲバちゃんがそれなりにタイミングを測ってくれるけど、
やや機械的なせわしなさがあり、やっぱ観光店だなぁという気もする。
入店と帰りはとても気持ちが良かったんだけどね。
まぁ、そんなとこが逆にとっつきやすさでもあるのかなぁ。

遠方から来た友達を案内したりするには使い勝手がいいかも。
もっとも案内する私も十分おのぼりだけどな!

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. 桃猫 より:

    東京在住のひとは、絶対に行かない店だな。七不思議。

  2. 管理人 より:

    >桃猫さん
    TVで見たことある!という話のタネ度は
    時として、お料理の充実以上の満足度があるもんですよ。
    少なくともこれはこれでアリかなとは思いました。

  3. 桃猫 より:

    そういやぁ~何度となく、足を運び、ことごとく、内心では失敗したと思いつつも、竹藪が綺麗な鎌倉の割烹店とか、、、そういうもんですネ、、、、東京の人間は、懲りずに、中華街やら、鎌倉を得意げに案内する、そういうもんですネ。麦田の奇珍なんかで、、揚げワンタンが旨いとか、、言いながら悦にいる、、、でも、同行者は、そうでもないんじゃ?と内心では思う。

  4. 管理人 より:

    揚げワンタンに味の上下が生まれるのかという問題は別として、
    「ああ、あの店ね、たいしたことないよ」なんて、
    知ったようなことを言い放つ楽しみもありますね。
    サンキュウ!梅◯やきそば!