千石の「大沢食堂」でカレーラーメン、一口極辛

旧白山通り沿いにある中華カレー食堂。

空手バカであり、キックの鬼である大沢昇のお店。

高名な格闘家が鍋を振るうお店というだけでなく、このお店には名物食がある。
それも真空飛び膝蹴り並みの破壊力を持つ奴が・・・

いつか食べなくては思っていたんだよ!

お店は大きな扉にがっちり守られており、
フリの入店には少々勇気がいるかも。

ただ、中はごく普通の町中華な体裁と雰囲気。
マスターの現役時代の大写真も飾ってある。

この日はもう夜も遅かったんだけど、
ガタイの良い野郎どもが、何人か寡黙に飯を食っていたわ。

食堂って看板だけど、メニューはやはりカレー、カレーラーメンがメイン。
その他、炒め系の中華定食もいくつか。
お値段はお手頃だと思うよ。

カレーラーメンは大事をとって中辛を。
それでも比較的辛めだと思うな。

よくある系統の欧風カレーなんだけど、
スパイスが程よく効いていて、いい感じの仕上がりなの。

カレー比率も多いし、醤油ラーメンスープと相まって、
こってりとした食べ応えのある汁になってるよ。

麺はグダグダにゆだってるんだけど、
カレーそば的な前例があるからか、あんまり気にはならず、
これはとてもおいしくいただけたわ。

問題は奥の小皿・・・
ここの名物になっている極辛カレー
・・・・の一口お試しサイズ。

根性なし!あれほど食べたがっていたのに!!根性なし!
でも、もう若くはないんだもの!明日の身体をいたわる必要があるもん!

しかし・・・
明らかに色味が赤く、私の危機センサーはビービー鳴ってるぞ!

一口舐めてみると若干の粉っぽさと平坦な味で、
それほどの・・・・辛味は・・・ないなと、2口3口・・・・

みゅっぎゃあ!

あとから来やがった!!
口が!!口が痛いっす!

あの粉っぽさはやはり過剰唐辛子ゆえか・・・
慌てて中辛スープをチェイサーがわりに飲み込むが、これは無茶だ。
せめて、飯という防護膜がなければ、胃腸のダメージは計り知れないだろう。

つーか、フルサイズは無理!
いや、喉を通すことはできるだろうけど、胃が反乱を起こし、尻が爆発するわ!

とりあえず、残すわけにもいかないので、
カレーラーメンに混ぜこんで、かろうじてやり過ごしたよ。

小柄なマスターはメチャクチャ人の良さそうなおとーチャンで、
これが鋼鉄の戦士とは全く思えねぇんだわ。

しかし、その牙は確実に存在したわけだ・・・
カレーサディズム・・・大沢食堂、恐るべし。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大