東十条の「とん八」でからし焼き

駅出口のすぐ近くにある定食屋さん。

この十条という地で、密やかに伝わるというからし焼き。
この謎めいたご当地B級グルメを生み出したお店なんだそうだ!

前から一度食べてみたかったんだよね!

お店は小さく、カウンターのみの一杯飲み屋スタイル。
かなりコシの曲がったじいさんとばあさんでやってるみたいよ。

メニューは数種類と多くないんだけど、
スタミナ系の炒め物がメインなのが面白い。

なんと、あのヨボった爺さんが調理担当!
曲がった腰が中華鍋の前の狭いスペースにハマり、
間近で見ていて、ハラハラする光景なんだが、
いやいや、まだまだ達者に料理を仕上げてくるぜ!

からし焼きはまず豚を泳ぐぐらいのラードでガンガン加熱。
秘密の醤油ダレや調味料を加え、一旦取り出した後、
4分の3丁はある豆腐とおろしニンニク、しょうがを一煮立ちで出来上がり。

そして出来上がった名物のからし焼きがこれだ!

具は豆腐主体なんだけど、
よくある飲み屋の煮込みサイズかなって予想に反して、
大皿たっぷりのメタボリュームよ!

お味はね、甘じょっぱいの!
からしというよりはむしろ甘いという印象かな?

ただ、辛味もあとからピリっと来てさ、
食べてる最中は汗ビッショリになるからね!

味の染みにくい豆腐を食べる分には味付けも丁度良く感じるけど、
汁は油分コッテリで、かなりゲテゲテな濃い仕上がり。

ねぎやきゅうり程度の爽やかさなんて簡単に打ち消すダークパワーがあるのよ!
その分、たっぷり効いたおろしニンニクが良いアクセントになってるな。

なるほど。
ありそうでなさそなオリジナルフード。
かなりインパクトたっぷりな一品でガッときた!!

これを食べるにはなによりご飯が必須だろ!
それも中盛以上じゃないと受けきれないから注意してよ!

半サイズがあると、なお食べやすいけどね。
いや、逆に私自身の男の器を倍に広げなくてはならんとこか!

帰り道はにんにくドラゴンになるから注意しな!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大