浅草の「来集軒」でラーメン

西浅草にあるラーメン屋さん。

東京ラーメンの元祖と言われる「来来軒」の流れをくむ老舗なんだって。

暖簾が幾分それっぽさを演出しているものの、
シャッターの心棒は外れてないし、ちょっと雑っぽいよね。

有名店らしく、壁には芸人を中心とした沢山のサイン。
でも、どことなくスローで寂れた匂いが漂っている店内。

時間外れだったためか、他にお客もおらず、
バァさんが割り箸をテーブルに広げ、もっそり補充をしている最中だったわ。

厨房にも婆さんと、ライオン丸みたいな奥さんが見えて・・・対応もドライだし・・・

正直うまいもんが出てきそうな雰囲気はなかったのだよ。
こりゃ、ハズしてしまったかと、入店を悔やんだほど。

とりあえずさっと食べて、さっと出ようと思ったの!

出てきたのは笑っちゃうくらいラーメンぽい味のラーメン!

”懐かしい味”と表現される食い物って、
その人のノスタルジーを刺激するだけで、味的には正直イマイチな場合が多いのだけど、

このラーメンは違う!現役バリバリでおいしいと思ったんだわ。

むろん近頃のハイテクラーメンとは全く違う系統なんだけど、
これはこういう食べ物として、すでに完成されているような気がするの。

特に良いのは手揉みっぽいちぢれ麺の存在感!
頃合いに茹でられており、心地良い噛み返しがあって、
それほどお腹も空いてなかったはずなのに、スルスル胃に収まってきた。

甘~いシナチク、湯気でへなった海苔、噛みごたえのあるチャーシュー。
もう全部がいい感じ。

おいしかったわ~

やっぱ、浅草の食文化は底しれねぇな!

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大