東京駅の「エリックサウス」でレギュラーミールス

二番通りにある南インドカレーのお店。

乗換えの際に歩いていくのはかったるい距離ですが、日本橋の行き帰りに立ち寄るパティーンがありますね。

週末も通し営業してくれているので、ハンパな時間に上京してきても、満足度の高いお食事ができるのは嬉しいです。

周囲を見回すと、どこか人生を思い詰めたような、天竺に魂の開放を求めちゃいそうな男女が集う雰囲気もありますが、エスニック店にしては、比較的とっつきやすいスタイルのお店ですし、価格も安い!

それでもって、味も良いんだから文句がありませんな!

レギュラーミールスは好みのカレー1種類に、ベジカレー等がつく豪華なプレート。
これがランチでもないのに、他店の半額程度で食えるのです。

しかも、ラッサムやサンバル、飯はおかわり自由というシステムで、気合次第で永遠に食い続けることも可能なんだからデブにとっても恐ろしいわ。

お味はやはり旨いですね!
スパイスに切れのあるマトン。素朴なダルカレーもほっこり。 
それぞれの料理が持つ魅力がちゃんと出ていますよ。 

食が進む一方で 後口が重くならないのもやっぱすごい。
うちでもこういうふうに作れればいいのにな。

デザートも珍しいものが用意されているのですが、この日選んだ、人参を激甘シロップでドブドブに煮込んだようなやつが売り切れだったので、とっさのアドリブがきかず定番のマンゴークルフィです。

独特のネチサクな歯ざわりで、冷気やフルーツ風味をまといながらも、スッキリしそうでさせてくれないコッテリ感を味わえます。ラストの群舞で、感動の余韻をかき消す「スラムドッグミリオネア」みたいに!

インドは奥深ぇな!!

レクタン大

コメント

  1. 野獣を開放したホモ より:

    君は食べることが大好きなフレンズなんだね!

  2. 管理人 より:

    >野獣を開放したホモさん
    たーのしーー!