東京駅の「日本橋 長門」で半生菓子、深山吹よせ

駅前にあるお菓子屋さん。

はじめて立ち寄ったのですが、300年の歴史を持つ老舗なんだって。

徳川将軍家御用達の菓子司・・・っぽくは見えない外観であります。

ただ、こじんまりとしつつも、どことなく品の良さもただようお店。
お客さんは、勝手知ったる感じで次々入ってきますね。

中では手慣れたお母さんたちが対応してくれますよ。

いろいろおいしそうなお菓子があったのですが、今回は持ち帰りやすい二種類にしてみました。

半生菓子の詰め合わせは、前に雑誌で見たことあったんだ。
その時はステキに写ってたんだけど、実際のはやや野暮な仕上がりかな。

そのあたりが江戸菓子なんだと言われば、まぁそんな気もします。

琥珀糖はパリシャリの心地よい食感。
ただ、吹き寄せも含め、お味やお菓子の状態に関しては、あまり印象に残らなかったな。

八重洲のど真ん中で頑張る貴重なお店なので、今度は切り羊羹とかくず餅とか、メインの商品を買ってみようと思います。