KITTE丸の内の「福味」で中華そば

スポンサーリンク

地階のラーメン激戦区に入るお店。

「せたが屋」のグループだったんだね。羽田空港にもお店があるんだそうな。

東京駅の一等地に鳴り物入りでオープンしたKITTEであります。

郵政の全国ネットワークを生かして、グルメも各地の逸品を集めたという触れ込みだったので、オープン前は非常に楽しみにしておりました。しかし、蓋を開けてみたら内容がスッカスカのガッラガラで、このまま巨大な廃屋になってしまうのかと心配しておりましたよ。

しかし、そこで終わらないのが大東京の商売。ここ数年でじわじわ修正してきたらしく、今では周辺のオフィスワーカーや外国人旅行者などが集い、ずいぶんと活気に溢れていたので、久々に訪問した私はびっくりしました。

そんなKITTEに、先日、ラーメン街がオープンいたしました。反対側の東京駅一番街でも大人気ですし、リーマンも多いしね、良いんじゃないかな。出店も気が利いていたので、ちょっと覗いてみた次第なのです。

しかし、KITTEだからと甘く見ていたため、こんなに行列してるとは思わなかったのね。そんな訳で、一刻も早く帰りたかった私は一番行列の短いお店に逃げ込ましたよ。

ちなみに、ダントツ一番人気は「松戸富田麺絆」、次点が「阿吽」でみんなよく選んでるなっつー感じです。

ラーメンは丸鶏のだしを活かした淡麗系なんだそうです。

スープはわりとあっさりして、旨味や鶏感よか香味野菜の風味が来る感じ。決して悪くはないのですが、あとはひかないな。

塩は完全に物足りなくて、ちょいお湯っぽくも感じますよ。

一方で味玉はグイグイ攻めるダシ感でやりすぎです。

実はラーメンよか気になったのが、名物と書かれたよだれ鶏カレーライス。濃いめの欧風ルーの上に四川のよだれ鶏を乗っけてしまった一品です。

カレーとはなんなのか? 素材や調理法に明確な定義はなく、ざっくりスパイス煮込み料理とすると、では、麻婆豆腐はカレーなのかというようなボーダーレスな疑問も湧いてきてしまうわけです。

国境線に阻まれ、本来ならば相容れないはずの2品が、意外と違和感なく、親和してしまうところはとても面白く感じますよ。ただ、これを食うとラーメンの印象はかき消えるから気をつけてね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました