大丸東京の「日本橋 弁松総本店」で並六赤飯弁当

スポンサーリンク

弁松のお弁当を買いたいだけのために、東京駅で途中下車してしまう図。

一応、メカジキなんかも入っておりますが、メインのおかずは煮物です。

現代の飽食環境において「甘っ辛く煮たイモや野菜でメシを食え」と言われても、団塊ジュニア以降には通じませんからね!

しかし、これらは単なる副菜ではありません。江戸なのです。 

その濃ゆい味が忘れられず、どこぞのハンバーグ弁当よか高額な煮物弁当を、嬉々として選んでしまうオジサンがいます。私です。 

お赤飯もステキですし、食後に買っておいた和菓子の存在を、完全に食ってかかる豆きんとんも大好きよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました