東京駅の「空いろ」でたいよう、つき

JRの改札内、サウスコートというショッピングゾーンにあるお店。

銀座「空也」の新業態だって、
ちょっと前に話題になっていたのを思い出したわ。

「空也」といえば、もなかで知られた予約必至の人気店。

銀座のど真ん中にありながら、高級ブランド化せず、
低価格の菓子を、その日のうちに売り切るというまっとうな商売を続けてるとこだよね。

それがこんなところで容易く買えるようになるとは!
さすがの大東京。エキナカにまで心惹く要素が揃ってて、うらやましいわ。

我が横浜なんて駅そばができたくらいで新聞記事だぜ!

さて、お持ち帰り用に残っていたの中から、
定番の2種が入った箱を買ってきたよ。

たいようはミニどら焼き。
OLさんとかにもウケそうな可愛らしいサイズだね。

しっかりした甘みのあんこはおいしいと思うのだけど、皮はいまいち。

小麦粉の他に米粉を使って、食感を出してるとか書いてあるけど、
ちょっと時間のたった、売れ残りのそれを思わせるシケた状態。

つきはあんこのクッキーサンド。

あんこの食感に合うよう、
わずかに塩味を感じるクッキーが柔らかめ・・・っていうかグズグズだ。
こっちも皮部分がいまいち。

そして、あんこ、特に白あんをあわせた場合は
クッキーの風味に食われて存在感が消えてしまうな。

どっちもオサレなんだけどね、
やっぱ、もなかの質実剛健から背伸びすべきじゃなかったのかな?

レクタン大

コメント

  1. べるてん より:

    最中といえば空也より喜月堂!
    あずきの味がしっかりと感じられるあんこがたっぷり
    もう、うっとりしてしまいます♪

    ちなみにそらいろの隣のドゥーパティスリーアトーキョーのロールケーキはおすすめですよ!

  2. 管理人 より:

    >べるてんさん
    喜月の最中には幸福がありますよね。
    一個を食べきるだけでも背徳感を背負うほど。
    近頃、東京にだいぶ疎くなっているので、
    ドゥーパティスリーアトーキョーは知りませんでした~