上野の「トナリ」でピリ辛タンメン

アトレの外周にあるタンメン屋さん。

トナリにもこれまた六厘舎系のつけ麺屋が入ってるのか!

一度食べてみたかったお店なんだけど、
タイミングを失っているうちに、けっこう支店展開してたんだね。

この日は大雨で、どうしても駅内でやっつけたかったのよ!
案内板に店名を見つけて、ラッキーって感じっす。

お店はカウンターのみでやや手狭。
お客は野郎ばっかなので、どうしてもムサいよね!

まずは揚げたてで出てくる唐揚げ君!

胸肉を薄くそいだものを歯ごたえシャクンな竜田衣で揚げており、
中はジューシィで、ポイポイいけちゃうな!

サイドメニューとしての唐揚げって、
関東の方ではそれほどメジャーじゃなかったと思うけど、
近年、ちょいちょい見られるようになってデブ歓喜。

特に塩味のタンメンとの相性はバッチシなので、
ぜひこのまま定番化して欲しいところ。

半餃子はだいぶ鉄板汚い感じだけど、
いわゆる町中華っぽい定番味。

餡は野菜主体のほの甘だよ。

タンカラか、タンギョウかを迷うなら前者だね!

そして看板のタンメンがやって来ました!

タンメンというと、やたらバカ盛りなイメージが染み付いてるんだけど、
こちらの丼は女性でもちょうどよく食えそうな程よいサイズ。

なんつうの?卵の黄身のようなコクのあるクリーミーなスープが旨いね。

二郎のニンニクのように、生姜のみじん切りのトッピングを効かれて、
これがまた、いい感じのアクセントになってるよ。

野菜も各々切り方が工夫されているみたいで食べやすいし、
もっちりな太角麺もなかなかなおいしさだわ。

ピリ辛調味料は別添。
六厘舎のピリ辛パウダーはイマイチだったんだけど、
こっちのはいろいろ漬け込まれてる系のリッチなお味。
分量的には二人で分けてもちょうど良さそうよ。

うん、人気の程がよく分かるな。

レクタン大