会津若松の「伊勢屋」で椿餅

大町通りにあるお菓子屋さん。

かの白虎隊も食べた?という名物の椿餅をいただきます。

垢抜けないお菓子なので、見た感じピンとは来ず、
本にも載ってるから仕方ねぇなぁくらいの気持ちで味見してみたの。

お店では優しげなお父さんが、
一個でも嫌な顔せずに包んでくれたわ。

案外・・・おいしいじゃん。

いわゆる”ゆべし”なんだよね。
今、wikiを見てみたら、東北地方のゆべしって柚子が入っていない、
こういうタイプがデフォなんだそうだよ。

素朴な甘みに醤油で風味付けられているのが特徴。

このお店のは整ったバランスで、
素材の割に田舎っぽくなく、上品に仕上がっていると思うな。

米粉で作ったムッチリは、
変にぐちゃぐちゃせず、歯切れのよい食感だね。
くるみがちょうど良いアクセントになっているの。

気に入ったので、お土産も買ったのよ。
でも、真空パックされたものは風味も食感も若干落ちるみたい。

やっぱ現地で作りたてのおいしさをいただきたいな!

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. チップスター より:

    むむ、ゆべしなのですか?
    ゆべしマニアとして、見逃せませぬ。
    クルミ入りゆべしは王道ですね。

    いつも中通りをウロウロしているだけなので、かんのやばかり食べておりました。
    今は亡き、梅ゆべしが絶品で御座いました。
    復活しないかなぁ(よだれ)

  2. 管理人 より:

    >チップスターさん
    ゆべしなんですって。
    個人的にはかんのやよりグーでした!