喜多方の「食堂なまえ」で極太手打ちラーメン

住宅街にあるラーメン食堂。
ここは地図もってかなきゃたどり着けないぞ!

しかしなんだ、喜多方ってやけに”ひらがな”食堂が多いのな。

テーブル3つだったかな?
おっちゃんとをばちゃんでやってるような小さなお店よ。

ラーメン専科ではなく、
食堂的なメニューもいろいろ扱ってるんだね。

お昼は地元のお客さんが多かったんだけど、
奴らがラーメンと一緒に食ってる定食的なもんも気になったなぁ。

お値段は安いっす。

普通の中華そばもあるんだけど、
せっかくだからと名物の極太麺をいただきました。

麺はうどんと沖縄そばの中間くらいのイメージ。
麺をすするというよりは、クニクニッとかじるような感じで食べ進みます。

スープは澄み切っていて、お味もすっきりあっさりな仕上げ。
ただ、極太麺と相対しても埋没しない存在感はあるのよ。

チャーシューもおいしい。
なるとの色合いがチャーミングだよね。

ここぞの一杯というか、日々食べるのに適したラーメンなんだろうな。
極太も面白いけど、麺は普通の太さの方がいいかもしれない気もしてる。

カスタムフィールド
参考URL: 
オススメ: 
レクタン大
レクタン大