喜多方の「伊藤食堂」で炒めそば

市役所通りの路地を入ったとこにあるラーメン屋さん。

は、入りづれぇ・・・

まず、他のお客がいたってことにびっくりよ。

潰れたスナックをそのまま使っているような感じ。
見た通り、くたびれきっていて、中もヘロヘロ。
昭和の廃墟のような雰囲気よ。

お店は気のいいおっちゃんが一人でやっているみたい。

壁に掲げられたメニューもラーメン一種類のみと潔い。

まだまだ有名店すら回りきれていない私が、
なぜに、このお店ののれんをくぐったかというと、
元祖にして唯一という炒めそばを食べてみたかったからなの。

でも、「炒めそば、ください」って言った時の、
おっちゃんの「え?マジ?」っていう表情を見逃さなかったぞ!

炒めそばというけど、
いわゆる炒麺とは全く違う汁っけの多い仕上がりで、
麺に汁がヌットリ絡むような感じ。

ラーメンスープにソースを混ぜたようなお味なんだよね。
汁に煮干しやらのコクがあって、かなりジャンキーな仕上がりなの。

具は豚肉とキャベツ、紅しょうが。

やや塩味が強い会津なバランスだったけど、
なかなか面白いB級テイストで良かったよ。

名物として十分にキャラが立っているので
他でも出せばいいのにな。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大