沼田の「フリアンパン洋菓子店」で上州名物みそパン

スポンサーリンク

高崎駅のお土産店「群馬いろは」で購入したものです。

沼田のみそぱんも地味に有名ですよね。

やはり群馬ご当地の味噌まんじゅうからインスピレーションを得て作られたローカルパン。パンと味噌ダレという意外性のある組み合わせが、思いの外に好相性なんですよね。

ここで忘れてはいけないのが、パン自体の味わいで、我々は横須賀でなじみのあるソフトフランスを、もうちょい素朴にしたような質実剛健の白パンだからこそ、この名コンビが生まれたのだと言えるのかもしれません。

翌日、ちょっいモソくなったくらいでも、むしろ上州っぽくて良いのですが、さっと焼くと、また表面がサクッとして軽くなりますよ。

たまに身近で見かけることもある通常タイプの他に、黒ごまやバターと合わせた商品も売ってたので、帰りに買ってきました。まぁ味噌だけでも十分なのですが、プラスワンの品も悪くないね。

ちなみに、お土産屋さんにはパンに塗る用の味噌商品まで複数販売されてました。

群馬の人たちは味噌大好きだな!

そうそう、高崎のご当地パンにバンズパンというものがあります。

学校給食の定番品でもあるとのことで、ようはバーガーのパンやろって思って、今回は買いまわりをせずに味噌を挟んだ一個だけしか買わなかったんだよね。

高崎と沼田のソウルコラボを実現した「群馬フードサービス」のみそバンズ。

食べてみたら、ほんのり甘くって。

なるほど、表面に薄くクッキー生地がかぶさっており、香料抜きのメロンパン的なイメージが近いです。自家製味噌ダレとも親和して、このパンもアリですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました