高崎の「風間堂」でだんべえ饅頭

スポンサーリンク

旧中山道にある明治31年創業の和菓子屋さん。

高崎の街を散策していると、歴史有りげなお菓子屋さんがいくつか目に入りますね。

もっとも、デブの視線はことさら糖分有りげなお店をピックアップしてしまう傾向がありますので、一概に多いと言えるのかは分かりませんが、低調な市街の小売風景の中、立派にお店が残っているのにはやはり理由があるのだと思います。

店内にはお饅頭をはじめ、気さくな類のお菓子がならんでおりました。

お値段も手頃だし、できることなら全てのお店で、主要な商品を買って帰りたいの!

でも、主に日持ちの理由で難しいんだよな。調子乗ると、帰宅以降、菓子だけ食って過ごさなきゃならんことになっちゃうし。とりあえず、宿でつまむ分だけで我慢します。

”だんべえ本舗”と掲げられている通り、中央のだんべえ饅頭が看板銘菓です。

白と茶の2種類あり、今回は黒糖皮の方だけ。

中身はすっとしたこしあんに白インゲンがちょろり交じるもの。シンプルな薄皮まんじゅうでしたが、逆にこういうお饅頭らしいものを食べるのも久しぶりなので、じんわり染みましたね。

さっき駅でSLを見たばっかなので、炭饅頭も一つ。こっちは石炭をイメージした?甘さ控えめの素朴なつぶあんが入ります。

ウェットなつぶあんの入るぐんまちゃん最中。

お土産屋さんには、ぐんまちゃんモチーフのお菓子やグッズがたくさんならんでおりましたね。

ぐんまちゃん、どうせCVは内田彩やろって思ったら、違ごうたわ。小倉唯ちゃんでもなかったし。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました