高崎の「九重ねぼけ堂」でブルーノ・タウト

スポンサーリンク

南町にある和菓子屋さん。

旧中山道を散策していて、それっぽい構えが目に留まりました。

創業は大正9年という、わりと気さくな類を扱うお菓子屋さんなのよ。

優しげな奥さんに迎えられ、店頭を覗いてみると、姿の良い上生菓子から、餅菓子、おっきな春日饅頭などなど、どれもハリがあって、おいしそうなお菓子がならんでてさ。

とりあえず、宿でつまむ分しか買えなかったのだけど、改めて、お土産を買いに寄りたかったなと強く後悔しております。

看板銘菓のブルーノ・タウトは、達磨寺の離れに暮らしていた有名な建築家に由来するお菓子。

クルミの欠片をワンポイントにいただいた姿がなかなか良いですよね。

白餡の洋風饅頭は、それ自体珍しいものではありません。

でも、袋を開けるときから甘香ばしい匂いがして、妙に気分が上がります。ほっこりな白餡に、まぶされたグラニューのジャリジャリ。小粒だけど食べごたえある、おいしいお菓子だな。 

看板にカステラともあったので、大納言ケーキも一つ。

もちろんデブは、端から丸齧りですが、本来は切リ分けて食べるものでしょうね。

口当たりはふんわりしっとり。

生地に染みたラム酒の香りが上品に、小豆の風味ともいい形で馴染んでおり、これもなかなかおいしいわ。

やはり腕のあるお店だと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました