高崎の「悦永製菓」でみそまんじゅう

スポンサーリンク

競馬場通りにあるお菓子屋さん。

競馬場?と思って地図を見てみたら、Gメッセをおっ建てた広い土地は元々競馬場だったんだね。

散策中に通りがかったお店なのよ。

駅からもちょっと離れた立地。お店はだいぶくたびれて、店頭には雑多な生活感も見えます。

声をかけると奥から爺さんがゆらり出てきて対応してくれたんだけど、商品はお饅頭、みたらし団子、しんこ餅くらいしかならんでないし、大丈夫か?明日閉まってもおかしくないぞって雰囲気でした。 

とりあえず、看板商品ぽい、みそまんじゅうを一つだけ購入して、リスク管理よ。

見た目はごくごく素朴な蒸し饅頭。

割ってみると、中には高菜と味噌が入っており、お菓子というよりはおやつのジャンルかな。

これがね、意外と旨いんです!! いや、むしろ大好きかも。

ほんわか甘いまんじゅう皮に、ピリ辛高菜と味噌の取り合わせが絶妙なのよ。 

ここで全国の和菓子屋さんに問いたいのです。なんで甘い饅頭だけ作ってるのですかと。

甘味の中にしょっぱい商品が混じっても良いんじゃないか? 味噌餡でなく、味噌を詰めましょうよ! 

結局、もう一回寄って、買ってきちゃいました。

茶色い方のお饅頭には、ウエットなこしあんが詰まっていてちょい意外。これも素朴でおいしいけど、必ずしも農村風というお店ではないんだな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました