帯広「六花亭 帯広本店」のあんみつ、わらび餅

スポンサーリンク

六花亭本店からテイクアウトしてきた品です。

ケーキやクロワッサンサンドイッチがならぶコーナーの向かい側に冷蔵ケースがあり、私の大好きなシーフォームケーキや六花亭醍醐、六花の森ヨーグルトなどが販売されておりました。

直営支店の他、スーパー「ダイイチ」などにも販売コーナーを設けている「六花亭」なので、地元でわりと身近に流通している品なのかもしれませんね。なんとも贅沢な話ですよ。

せっかくなので、関東ではまずお目にかかれない、和の商品をピックアップしてみましたよ。

季節商品の早苗餅は、青えんどう豆餡をまとわせたお餅。

なめらかな餡も風味があって旨いのだけど、ほの塩みがあるお餅の存在感もなかなかで、ムッチリとした噛み返しが楽しめます。

おそらく、上生菓子のようなものよりも、餅菓子などの身近な類をどーんと作った方が、それらしさが出るんじゃないかな。 

たっぷりのきなこ埋もれた、わらび餅は、柔らか食感で、シコシコはしないタイプ。

中には滑らかなこし餡がつまっておりましたが、これはまぁまぁかな。

あんみつは、寒天が浸かっていた液を捨てちゃったんだけど、薄シロップになっていたのかも?

別途、蜜はつかないようでしたが、添えられたフルーツや、スイートな粒餡のお味で何不自由なく、おいしくいただけました。十勝だけにえんどう豆に存在感がありますな。 

シュークリームは常に期待を裏切らない!

やや小ぶりですが、中身はたっぷり詰まっておりますせ。

皮までスイートなシーフォームケーキと比べ、素直においしいカスタードへ意識を集中できるというか、たっぷりと堪能できる感じ。

元々は和菓子屋さんだった「六花亭」ですが、やはり現在の抜群は洋菓子の方かもね。

コメント一覧

  1. つちころり より:

    餅菓子どーん、は、秋でしょうか。口切餅や新米大福が実に美味しい。

タイトルとURLをコピーしました