三宮センタープラザの「かつ丼 吉兵衛」で玉子とじかつ丼小盛

スポンサーリンク

西館の地下に潜む、かつ丼スタンド。

この日、パフェを食いに立ち寄った神戸でありましたが、着が若干早すぎて「モロゾフ」は開店準備中だったのです。

そんならば。よーーーろこんでーーー、地下に潜りますとも!

デブの桃源郷、シャンバラ、パライソ。呼称はなんでもいいのですが、この新橋チックな小汚い巨大飲食街に、魅力的な大衆店がこれでもかってくらいに集結しているのよ。神戸へ食べ歩き旅行するのなら、もうここから一歩も出なくてもいいくらいのB級グルメスポットです。

今回は時間も無いし、持ってきたのはすっかり弱った胃袋一つだけなので、悔しさの指をなめつつ店頭を見て回るだけで我慢しましたけどね。

つか、こんなにも飲食専科だったっけか? もうちょい市場要素があったんじゃなかったっけ? とか、思いつつ、気がつくと3周しちゃってたわ。

あんまり話題になりませんが、丼も神戸名物の一つではないかと思うのです。

このようなスタンドで気さくに提供するローカルチェーンが存在感を放ち、大手が容易に食い込めない印象よ。特に「~兵衛」のような屋号のお店が目に付きますが、その先がけになったのはこちらのお店なのでしょう。

オープンキッチンで奥さんが手際よく調理をしていきますよ。揚げたてサクサクのものを、さっと手際よくとじて、やってきましたる玉子とじカツ丼です!

カツも玉子もご飯も、お客様の飢えに応じて、それぞれ増量可能。今回は最もシンプルな玉子一個のかつ丼をご飯小盛りでいただいております。

やっぱ、うめぇな~

丼ダシは関東のものと比べるとだいぶあっさりしており、玉子とじ部分が少ない分、香ばしく揚げられたカツの風味や食感を楽しめますよ。

ことさら大盛りや肉の厚みなどで特徴づけずとも、普段着のカツ丼をおいしく気軽にいただける中小店が存続できている点が、現代の都市においては凄いこと。改めて神戸の食は豊かだなと感じます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました