水戸の「とんかつ よしえ」でチョウセン焼定食

スポンサーリンク

駅南通りにあるとんかつ店。

今回、水戸を旅するきっかけの一つは、こちらのお店が気になったから。

水戸藩の城下町を基礎とする北側に対し、水戸駅の南側はオフィスビルやマンション等、新しく整備された街並みが広がります。

そんな中にポツンと取り残されたような旧来の店舗。

なんてことないとんかつ屋に見えますけれど、店頭に置かれた椅子が、意外な行列店であることを示唆しますね。この日も口開けに訪れたのですが、開店早々にわーっと席が埋まっていきました。

目下、昼のみの営業で、メニューも3つしか無いという潔さ。ただならぬ気配を放つお店なのです。 

チョウセン焼です!

今となっては界隈を無駄に焚き付けかねない昭和エスニックな命名でありますが、同時にやけに心ときめく響きもありますよね。

きっと唐辛子&にんにく風味なのだろうというのは容易に想像できますが、醤油ベースの甘辛ピリ辛味でした。ただ、焼肉のタレ風というよりは、だいぶ和に近いテイストで、振りかけられたごまが香ばしく効いています。

そして、真の主役はネギだったのか!

主に長ネギと玉ねぎのシャクシャクと甘みを楽しむ一皿だったのよ。ご覧のように、豚は時折見つかる程度なんだけど、とんかつ屋さんだけに、おいしいバラ肉が使われておりました。

あらためて、ネギでもって、余裕にメシが食えることへの驚きです。 

なめこと豆腐の味噌汁。ご飯や漬物も旨いな。

ちなみにご飯は半分にしてってオーダーだからね。デブの経験上、減らす加減を分かんなくなってるお店はたいてい良店です。

とんかつ、生姜焼き、チョウセン焼がいずれも同価格で大台は越えてますから、決して安いランチではないのですが、多くのお客さんを引き付けるパワーがあるということでしょう。 

再訪したいなと思った数少ないお店でした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました