金沢・東山の「豆半」でようかん、くるみ餅、寒氷

ひがし茶屋街の近くにあるお菓子屋さん。

上生菓子で金沢随一と名高い「吉はし」のセカンドブランドです。

本来は注文販売の工房ということで、外観はごくごく普通の住宅なのよ。

中に入るとちょっとした茶花なんかも活けられて、それっぽいですのが、店舗というよりは受け取り用の小さなカウンターといった感じでした。

この日のケースには4種類のお菓子がならんでいました。

ようかん、くるみ餅、寒氷、あと、買わなかったもう一つはクルミの黒糖がけだったかな。

入り口のボードもそうですが、本業の御菓子司とはあえて風合いを変えている様子。手作りカフェのお土産品のようなポップ調で、ちょい頼りないな。

くるみ餅は、田舎っぽいものしか食ったことが無いからかもしれませんが、ものすごく淡くて、口の中に素のクルミしか残らないような寄る辺ないお味です。

生菓子の時も感じたのだけど、甘みというか、調味を控えすぎではないかと感じます。茶菓は本来けっこう甘いものなのですが、ご当地のバランスなのでしょうか、他のお店も含め、金沢の食べ物になんかちょっと違和感を感じた旅でした。

カラフルキューブな寒氷はすりみつを寒天で固めたものですが、さっくり噛むとシュリシュリとした舌触りが残り、すり感が強いです。

でも、お一人サイズのミニ羊羹はちゃんとおいしいのよ。なんだろうね?

これもめっちゃ甘いわけではないのですが、羊羹としての食べごたえは十分。風味よく、すっきりと後切れの良い上品な仕上がりで、今回のお土産の中では最も美味しい一品でした。封入口にザラメがちらしてあるのもうれしいのよ。

うん、なんかよくわかんない。