金沢・片町の「宇宙軒食堂」でとんバラ定食

繁華街の煤けた路地にある食堂。

金沢メンズのソウルフードとも言われるお店なので、行ってみたかったんだ。

キレイに整備された「片町きらら」の向かい側。ここらもいずれ再開発されるのかな? いや、もはや信じられないような竪町商店街のシャッターっぷりを目にすると、旧来の商業地にもうそこまでの体力はないのかな?

とにかく、いつ取り壊されてもおかしくないような雑居飲食ビルの奥にお店はあります。なかなかにアクセスしづらく、普通なら人が集まらない場所でありますが、ここだけ立派にリニューアルされた看板が、それを否定していますよ。

中に入ると見るからに名物店主的なおっちゃんがお出迎ですえ。店内はカウンター席がぐるり囲む、昭和の小汚い中華屋風。でも、活況です! そして、その全てが野郎です! 全員、バラ定を食っています! もちろん、私も後に続きます!

これが噂のとんバラ定食です。

お店の中央に、煙よけで囲まれた鉄板が設置されており、そこで兄貴がコテを振るって、ひたすらバラ肉を焼いています。

お肉はヘラヘラに薄いのよ。香ばしさが出るくらいにしっかり焼かれて、たっぷりの脂をまとっています。これはついているかどうかわかんない程度の下味です。

キモは特製のタレにつけながら食うってとこ! 

このタレのお味なのよね。いったい、どんなんだろ? つっても、焼肉のタレなんじゃね?って興味津々だったんだけど、うん、予想を裏切ってくれたわ。

案の定、甘めの焼肉のタレみたいなお味ですが、なにやらお酒っぽいもので伸ばしてあるんだよね。煮切りきらないアルコールっぽさがキレといえばキレになってて、脂っぽいバラを除霊してくれる感じです。

なるほど、アリはアリだけど、言うほどの奥行きはない感じ。たぶん、他でも真似できそうだけど、あえてしなくていいかな的な微妙さは金沢グルメっぽいよな!

ちなみにお茶碗にたっぷり持ってくれるご飯が炊きたてツヤツヤですごくおいしかったのよ。こういうお店ではバサバサのが出てきてもおかしくないのに、さすが米どころの北陸。白米と豚汁だけで十分元は取れる感じです。