金沢・広坂の「ターバンカレー」でLセット小

石川四高記念文化交流館の向かいにあるカレー店。

旧金沢城の外周。近くには市役所などもあり、明治以降、政治や教育の中心地であったエリアです。

さて、金沢といえばカレー! これも正直言うとそれほど惹かれるものではないのですが、ろくに計画も立ててない旅行で、ランチの予約どころか、お昼時間を過ぎてしまってもう食うところがないような時には、通し営業のカレー屋さんが便利です。

さて、私もにわかに検索をいたしまして金沢カレーのルーツとか、関東ではメジャーな「ゴーゴーカレー」が実は新宿創業の超新参で、地元評判が悪いこと等を学びました。

こちらの「ターバンカレー」はチャンカレとのけんか別れや商標のいざこざ、会社の精算など、平坦ではない道をたどっているようですが、古いお店の一つです。まぁ、せっかく金沢に来ているのだから、あんまり派手にチェーン展開してないとこがいいかなということで選びました。

お店は古い喫茶店風で、手狭なカウンターに周辺勤務のおっさんたちが連なった、いかにもカレースタンドという雰囲気です。場所も香林坊のすぐ近くなので、よく見ると観光客らしき方々も混じっていましたわ。

カツカレーの小サイズ。

黒くてドロッとしたルーに、ソースがけされたカツとキャベツがご当地の定番スタイルです。こっちで食べるチェーン店のものと何か大きな違いがあるかと聞かれると、たぶん無いと思います。

今回はお腹具合の関係で小サイズを選んでいますが、デブにはやっぱちょっともの足りないかな。ルーが少ない分、カツのソースがお味に大きく影響してしまうのも要注意です。

ちなみに店員はヲバちゃん三人組。いかにも熟練そうな佇まいだったのですが、ご飯を早々に盛って、冷ましてたり、必ずしも連携してない様子。カツを注文後に揚げるので、どうしても、カツ待ちになっちゃうんだけど、気が早すぎるよ! 

定番のカツの他、ウィンナーやハンバーグの乗ったイチオシのLセット。でも、小サイズ、Lの小という矛盾に満ち満ちたオーダーです。

お値段的には単品カツカレーと大きく変わらないので、乗せられるなら乗せちゃえよ! 特にバーグが気さくな味で良き緩衝材となりました。

金沢カレーは、過剰なくらいの味でもったり重いイメージです。こちらもやはり軽くはない食べ口なのだけど、ソースの酸味が効き過ぎなのか、単純に量が少なかったせいか、やや控えめに感じられ、お味の特徴を申し述べることはできません。

ただ、この後、他店と食べ比べしたいなっつーほど気持ちは盛り上がらなかったです。