金沢に行ってきました

カニも無いブリも無い、おまけに雪も紅葉も無い、微妙な季節の金沢まで遊びに行ってきましたので、簡単にご報告です。

古い町並みや文化が残っている都市を小京都なんて称しますが、金沢はさすが百万石の城下街だけあって、格が一つ違いますね。京都の老舗の跡取りが修行でやってきたりするらしいですし、さしずめ中京都といった風格でしょうか。

そんな彼の地に2時間半で着いてしまうということで、北陸新幹線開業以降は金沢旅行が大ブームになっていました。もっとも、横浜の我が家から東京駅まで小1時間かかるので、そんなら京都の方が近いし! 京都に行きたいよ! と思う私です。

現地はかなりの活況を呈しているということでしたが、確かにめっちゃ人がいたわ! 特に外国人が多いのよ! 考えてみれば、奴らが好きそうなものは全部あるからな。

金沢の街は観光要素がお城跡を中心とした狭いエリアにギュッと凝縮されているので、短期の旅行には最適です。かつては兼六園を一周して、イマイチな治部煮を食べて、茶屋街をぶらついて終わりという、奥行きのない旅程が定番でありましたが、今回は自由に散歩してみて、なにげない街場に残る歴史的風景の多さや、中小の文化施設の充実ぶりを再発見した次第です。3、4日は十分に楽しめるよ。

団体バスから個人客へと客層が変わってきているせいか、旧態然とやっつけていた観光姿勢もだいぶ変わってきているように思えます。町家を利用した小洒落たお店の開業も目に入ってきますし、それこそ月次な小京都が泣いてくやしがるほどの資源が未だ活用されずに残っているので、本家京都をロールモデルとしたビジネスチャンスはまだまだ多いと思うのです。

その他、金沢城の大規模な復元作業も進んでいる他、市場や駅も実に立派に整備され、足りないと言われていたホテルもそこらじゅうでガンガン建設しておりました。すでに私の知る微妙な金沢とはだいぶ印象が違ってきておりましたが、この先、5年後10年後にはさらに魅力的な観光地になっているんだろうなと思います。

さて、肝心の食ですが、これが全然合わなかったのです。

総じてお味が物足りないんだよな。いや、マジで自律神経でもイカれたかなって思ったくらいなんだけど、おそらくご当地に根付いたさじ加減があるんじゃないかと思うのです。じろ飴ってあるじゃん? あの印象が近いことに気がついたわ。いかにも真面目そうだけど、満足度は足んない感。金沢ゆかりの皆さんはどう思いますか? 

ちなみに日本で一番菓子を食っているのが石川県民ということで、ご当地には老舗のお菓子屋さんが多く、どこも立派に展開しているのです。百番街の超豪華なお土産コーナーを歩いて、改めてここはお菓子の街だったんだなと再認識したわけですが、不思議と心惹かれるもんが無いんだよね。やはり、食べ飽きないけど、強い印象は刺さらないというスタイルなんでしょうか?

唯一良かったのが日本料理なので、お昼だけでもちゃんと予約して行こうね。

最後に、この記事になんで写真が少ないのかという理由を聞いてください。

先だってさ、我が家の大掃除で、山程のアルバムをイッライラしながら整理したのよ。クソ重くて、クソ多いの! んで、花とか旅先の風景写真はもうたくさん!という結論に達したのです。アルバムをブン投げながらね!見返さないし、見ても面白くないから!

そんなわけで、旅のスナップを全然撮らなかったのです。

忘れてた・・・自分がブロガーだってことを・・・

カスタムフィールド