金沢駅の「大友楼」で利家御膳

百番街に入るお弁当屋さん。

本業は創業天保元年、金沢もてなしの伝統文化資産にも認定されている老舗の料亭です。尾山神社の近くにドシンと立派な店舗を構えておりましたね。

明治の北陸線敷設にも尽力した功があり、金沢駅の開業当時から駅弁を販売しているのだそうです。そんな筋金入りの経緯もあって、今では仕出しお弁当事業の方が大きくなっているような気配も見えますね。

百番街の素晴らしいお土産小路にも出店しており、とりどりのお弁当や練り物、漬物、巻ぶりなどの加工品を販売しているのが、目に付きました。

料亭のお弁当というと、めっちゃ高いイメージなのですが、こちらはガチンコのお弁当屋さんでもあるので、駅弁として並べても突出しないお手頃価格なのですよ。内容は様々ではありますが、どれもなかなかのクオリティだと思いました。

利家御膳はNHK大河ドラマを記念して作られたお弁当らしいのですが、長持型のパッケージからして、面白いですよね。

豪華二段! おかずには金沢っ子が好きそうな練り物や名物の治部煮風まで入って、観光心をくすぐりますね。やや気さくではありますが、だし巻きの味なんかも良いですし、お味は値段以上のクオリティだと思います。

こちらはおまつ御膳。ちらし寿司を中心としたやや小ぶりのお弁当です。

おかずは練り物と炊合せと玉子。ピンク色のは蓮まんじゅうです。なお、利家には梅型の大福、おまつに麩まんじゅうのミニ甘味もついて、いたれりつくせりだな。

我が横浜にもシウマイ弁当という誇りがありますが、金沢帰りの新幹線は「大友楼」のお弁当で決まりでしょう!