金沢・長町の「ひらみぱん」でキッシュ、クロックマダム

鞍月用水の畔にあるベーカリービストロ。

朝食を食べにやって来ました。

気持ちの良い用水沿いに、若いの飲食店やブティック、クラフト店が並ぶ、せせらぎ通りの端っこ。大正時代の製鉄所を利用したというカッコイイお店です。

店内もフランス田舎風にリノベーションされており、これが、なかなかいい雰囲気なのよ。お店は朝っぱらから、満員の盛況ぶりでした。

客層は周辺に宿泊している観光客が多そうですね。本をお供に北陸一人旅するようなちょっと年齢のいったお姉様が何人か見えましたけど、奴らがいかにも喜びそうなお店だよな。

つか、そういうとこやぞ! 仲間と市場で金箔ソフトに浮かれるような気安いノリの良さが無いから売れ残るんやで! 余計なお世話か!

中はそれほど広くはないのですが、入るとすぐにベーカリーのスペースがあって、焼き立てのパンがズラリならんでいます。

おいしそうだったので、まずはファーブルトンをつまんで、お料理の出来上がりを待ちます。お店でピックアップした好みのパンとドリンクというイートイン利用もOKです。

朝のお料理は2種類。これはキッシュです。

こんがり角型に焼かれたもので、旨そうじゃん!と期待して口に運びましたが、食感はポッソリして、潤いが足りません。具はじゃがいもとベーコン。塩味も控えめだから、全然物足りないのよ。 

オプションでつけられるスープです。ごぼうのポタージュだったかな。これもシンプルというか、ベースがさらっと薄く、自然食家が喜びそうな仕上がりです。

クロックマダムです。クロックムッシュに目玉を乗せると性転換するんやで!

ベシャメルの調味はやっぱ控えめで、物足りません。また、パンが固くって、ナイフできるのに一苦労よ。

コーヒーには地元北陸製菓のハードビスケットが添えられます。

カップを上げると、お皿に四つ葉のクローバーの切り抜きがおいてあったりして、そういうとこはオールドミスの心を癒やすのだなぁ。

ロケーション、コンセプトもバッチリ決まったお店ですが、お味が合わないのは残念です。お値段に関しても決して安いわけではなく、他で立派なビストロランチが食えちゃう水準なので、ちょっとなぁという感じでした。