京都駅の「志津屋」でカルネ、

スポンサーリンク

京都帰りの新幹線で何を食べるのか?

料亭のお弁当を予約しておくのもいいでしょう。

しかし、中年の弱った胃は、魅惑の京都旅行を終える頃、すでにザラザラなのよ。もうガッツリは食えないのよ。

なんか、軽くつまめるものの方がありがてぇなという時、忘れてはならないのがコチラ。アスティに入るご当地でおなじみのパン屋さんです。

京の至宝であるカルネ、お手軽なビーフカツサンド、そして、近年は京風のオムレツサンドまで販売してくれるんだから、立ち寄らざるを得ませんよ!!

ビーフカツとふんわりオムレツサンドの盛り合わせパックが最強です!!

上は和三盆クリームパン。パン生地にも香ばしい風味があり、クリームも後切れよく上品な甘みです。

下はスパイシーカルネ。黒胡椒のソースがくどいほどに入ってピリ辛。

ちなみに、カルネについては、いくつかのバリエーションが販売されておりましたが、やはり一番はプレーンタイプの京かるね、せいぜいペッパーカルネまでだと思います。

どこでも真似できそうなシンプルな商品なんですけど、絶妙なんだよなぁ。

コメント一覧

  1. 京都旅行記と美味しそうな和菓子やお料理の写真楽しませて頂きました。
    旅行行きたい欲がガンガン高まっていますが、昨日の感染者数見ちゃうと都民的にはどうにも二の足を踏んでしまいます…。
    今度京都在住の同僚が出張で東京に来るらしいので阿闍梨餅をお願いしておきました。
    これで気持ちを落ち着かせておこうと思います。

  2. >お局さん
    百貨店が頑張って、大手の商品は関東でもいただけるようになっていますが、それでも現地は更に奥深く魅力的ですね。
    私ももう一回ぐらい行ってきたいなと思っています。コロナ落ち着け!

タイトルとURLをコピーしました