京都・宇治の「伊藤久右衛門」で抹茶パフェ

京阪宇治駅から少し歩いたとこにあるお茶屋さん。

抹茶スイーツで有名なお店だよね。

せっかく、宇治に来たのだから、
せっかく、平等院が修復工事中の宇治に来たんだから!

お茶でもシバかなきゃ、やってらんねーよな!

しかし、今回は時期も時間も悪く、
手近なお店にフラれ続けた挙句に、
こんな最果てまで流れてきてしまったわけなのよ。

一応、天保から続く歴史があるらしいのだけど、
どういう経緯で脱皮してしまったのか、
商品にも店舗にも老舗らしさは残っていません。

この近所のイオンで売ってそうな気安さが、良いのか悪いのか。

さておき、お目当ての茶房は、
販売スペースの脇に設置された簡易なもの。

場所柄、徒歩での来客は少なそうなんだけど、
閉店間際のこのタイミングで、行列出来てるんだからすごいよな!

メニューは抹茶甘味と茶そばなど若干の軽食。
値段は祇園などに比べるとだいぶ手頃ですね。

まずは名物の抹茶パフェ!

・・・うん、抹茶パフェ。
抹茶わらびが入ってたり、抹茶ゴーフルが刺さってたりしますが、
お味的には、ちょっとしたファミレスでも出かねない、ごくごく普通の範疇。

一時期のブームを牽引した、
抹茶のインパクトみたいなものは感じられません。

代わりに棗がボンと出てきてね、
そこから抹茶を好きなだけかけろって言われるの!

そ、そうきたか!!

一応、お茶屋さんなので、玉露なぞをいただくわけです。
選べるスィーツセットで、やはりお得な値段設定だと思います。

ただ、若干の雑味があり、二煎を出せばガクンと味気なくなってしまうもの。

もっさりしたロールケーキもイマイチです。

結局、初めに出てきたほうじ茶が一番おいしかったような。

つか、競合も多くなってきた現在、こちらの人気の理由が良く分からんわ。

レクタン大