京都・出町柳の「古都香」でみたらし団子とほうじ茶

駅のすぐ近くにあるお団子屋さん。

お散歩で疲れたのでちょっと一服ね。
とある雑誌で見かけておいしそうだったので寄ってみたのさ。

下鴨神社というとみたらし団子発祥の地としても有名だけど、
こちらは最近、三千院の近くから移転してきたお店なんだそうだ。

この日はまだ時間も早かったのだけど、
まだまだ認知度が低いのか、観光云々に関係なく、
あんまりお客さんがついてる感じでもなかったな。
おやっさんが店の外でヒマそ~にしてたわ。

お店には手狭なイートインスペースあり。

交通量が多いので、静かに・・・とはいかないけど、
他にお客さんもいないから、わりとゆっくりできたよ。

お団子は注文後に一から焼いてくれているみたい。
大きいので一串でもちょうどいいおやつになると思うよ。

外側はカリカリッとクリスプに焼かれていて、中はムチッと柔らか。
我々が普段食べているムニュムニュなお団子とはちょっと違うね

色の濃いみたらし餡は見るからにおいしそう~
お味もしっかりめなんだが、ほのかな酸味があって、後味はベタつかないの。

スプーンが付いてるということは、
たっぷり残る餡をすくって舐めてもいいということだよね!
いかにもデブがやりそうなはしたない振る舞いが公認されているんだよね!

ほうじ茶は一保堂のものをたっぷりサイズの湯のみでどうぞ。

どちらかというとテイクアウト主体のお店なのかもしれないけど、
焼き立ての食感が最大の魅力だと思うので、
ヘタる前にお店でいただくのがベストだろうな。

レクタン大