京都駅の「イカリヤ プチ」で惣菜3種盛り合わせ、リヨン風クネル

塩小路通沿いオムロンの先にあるビストロ。

ホテルが京都駅の近くだったので、
近くで夜遅く食事できるとこを探してひっかかったお店。

オッサンだから、体力がもたなくてさ・・・
夕飯までにちょっと仮眠でもするかなと。

目が覚めた、ウソーーーーーーー!って流れです。

このお店は河原町にある「イカリヤ食堂」の兄弟店みたい。
どっちも気さくな営業で頑張ってるお店なんだとか。

この夜は雨降りで、時間も相当遅かったのにもかかわらず、店内は大盛況!
しこたまワインを煽った小太り姉さんが、転げ出てこなかったら、
危うくお食事にありつけないところでした。

お店は小さく、カウンターとテーブルがちょいちょい。
そのわりに厨房もホールも人数が揃っていて、
騒がしい中でも気遣いができている印象です。

メニューはいわゆるビストロ料理を中心にかなり絞ってあり、
ドリンクも含め、お値段は手頃だと思います。

まずは前菜のおまかせ三種盛り。
キッシュロレーヌとサーモンとかぼちゃサラダ。

キッシュがウリの一つらしく、必ず入るみたいよ。
チーズの追いがけもしてくれるんだ。

この日はすでにほとんどの品が売り切れているような状態で、
お店っぽさを感じさせる内容ではなかったかも。

個人的にはレーズンやナッツの入ったかぼちゃサラダが、
スパイスの感じもちょうどよくて、おいしかったな。

米麹を使って作るというなめらかな京都地ビールがすすみます。

オススメを聞いたら、クネルというお答え。
アレですな、例のフランスはんぺんですな。

こちらでは鯛の身を使っていて、
熱々フワシュクな焼き上がりを、濃厚な海老ソースとともにいただきます。

本来、大量のバケット支援部隊が必要な作戦だと思うのですが、
お通し代わりのパンはカッチリ焼いた小粒しか出てこないので、ちょっとキツいです。
エシレバターもつけきれません。

前菜もメインもポーション多めなので、
何人かでやってきて、つつきあうのが正しい利用なのかもしれないな。

ただ、店内は賑やかですが、居心地は悪くなく、
一人旅で料理店に入る気まずさも幾分軽減されたと思います。

お味的にはチョイ気さくな部分がありますが、
京都駅の至近での存在は貴重だと思います。

最後はお見送りもしてくれました。

レクタン大