京都・河原町の「龍鳳」でカラシ入そば

スポンサーリンク

新京極通の脇道に隠れた中華店。

やはり看板に名に鳳が舞う、鳳舞系のお店なんだって。

2本の大きなアーケード商店街が並行して南北を貫くこの界隈。

わりと軽薄なお店が多いのですが、清水あたりのj純粋な観光街とは異なり、修学旅行生だけでなく、地元の若者もひっくるめて遊びに集まってくるような繁華街になっていますよね。

そんな喧騒から、ちょいハズレた小さなお店です。

あまりに渋そっけなすぎて、外から来た我々には取り付く島のないようなこの体裁よ。実際、お客は見知った常連さんが多いようで、そのコミニティへ分け入っていくのは少々敷居高にも感じます。でも、勇気を出して入店すれば、老店主が柔らかく対応してくれるから、心配しないでね。

店内はじっくり使い込んだ大衆中華の風情。なんともいえぬノスタルジーを共有できるような環境。

お目当てのカラシソバは ”龍鳳撈麺” というメニュー表記。

やはり、あんかけ焼きそばの亜種というよりは、和えそばの発展型という開発経緯なのでしょうね。

カラシ醤油を絡めた麺へ、たっぷりと餡をかけたご当地麺なのです。

すすってみると、ツンと鼻を抜けるカラシ刺激におっと驚くでしょう。これはクセになるぞ。

こちらのカラシソバは、丁寧な京風を基軸に、若干の大衆中華味も入って、我々には落ち着く着地点。鶏、エビ、しいたけ、レタス、ネギの入った餡も、比較的濃い目の塩梅です。

やはり、これも京都らしいあんかけ偏執品の一つなんだと感じます。

麺は細い中華麺を使っていますが、たっぷりな餡に泳がし絡めることを考えると、揚げ麺や蒸し麺の口当たりよか、茹で麺の方がニュルリ具合良く馴染むのかもしらん。

ちなみにこちらの厨房には中華独特の派手なジュージュー音がないんだよ。カウンターからはあくまで優しい熟練の調理姿を拝めます。そんなとこも得難き魅力だな。

コメント一覧

  1. 健在なのですね、このお店。
    昨年は伺うことができず、店主がご高齢なので心配でした。
    恰幅さん、訪問して下さりありがとうございました。
    入るのに勇気がいりますが、よいお店ですよね。

  2. >うめきちさん
    良きお店でした。
    お料理的にはまだまだ健在です。

タイトルとURLをコピーしました