京都・堀川下立売の「鳴海餅本店」で栗赤飯

堀川通にある餅菓子屋さん。

今回は「横浜高島屋」の諸国銘菓コーナーで購入しました。

横浜のような場末にも来ることがあるのか!京都航空便が!!

日本橋や新宿に名店の生菓子なんかが届いている報を、いつも指をしゃぶりながら眺めていたのですが、今回はチャリンコで買いに行けちゃいますね!

しかも、「ふたば」の豆餅等の定番品の中に混じって「鳴海餅」が来ているじゃないか!
お土産にしづらいため、泣く泣く我慢していたお店よ!

しかもしかも、栗の秋!!!

ということで、まさか自宅でいただけるとは思わなんだ、栗赤飯です。

実にいい色ですな。
これを邪魔しない白ゴマ塩が添えられているのも良き処。

そして、なんといっても栗!
うっすら薄皮を残したものがごろりと入って、まさに秋!

栗には調味せず、本来の風味や淡い甘みを楽しめる作りとなっておりました。

右手は栗餅。

小ぶりなサイズですが、かじってサプライズ、中身はほぼ栗!
やはり薄皮付きのものがゴロリ一個入っており、餡はそれをしっとり支える程度の少量。

このバランスよ!
あんこも甘みを抑えたあっさり仕上げで、やはり主役の栗を邪魔しない作りなのであります。お餅もさっくり旨いし、これはよろしいです。

ただ、きなこの意味がよく分からんのだけど!
京都ではこんな風に添えるお店もあるみたいだね。

栗むし羊羹は逆にしっかり甘いの。
栗も他と同じく軽く甘煮にしてあるようです。

羊羹部分のムッチリした食感がよろしいよ!
これはこれでまた別の味わいがあって、やはり全部買ってきて大正解だったな。

向こうのお菓子は市井のものに至るまですべておいしいなぁと、泣きながらいただいきました。

横浜高島屋!よくぞ持ってきてくれました。
つか、毎週、持ってきてよ!上生菓子も! 

レクタン大