京都・北大路の「紫野源水」で松の翠

北大路新町の交差点近くにあるお菓子屋さん。

ここも本で見かけて美味しそうだったので寄ってみたんだ。

二条城の近くにある「源水」からの独立なんだって。

本家からしてノーマークだったので、恥ずかしいかぎりだが、
川端も愛した知る人ぞ知る老舗なんだそうだよ。

小さなお店はこざっぱりとして良い感じ。
明る気な奥さんが対応してくれたわ。

主菓子や干菓子なんかも作ってるけど、
扱うのは看板菓子の松の翠がメインみたい。

ほんとは干菓子との詰め合わせがキレイだったんだよ。
でも、大量注文があったのか、この時は有平糖しか残ってなくて、断念した次第なのよ。

紫の包装紙も目を引いて、なかなかいいじゃん。

一口サイズの拍子木型。
松の枝を模したお菓子なんだね。

羊羹生地に大納言を乗せ、
すり蜜で薄くコーティングしたもの。

シャクっという歯ざわりが心地良いね。

松露的なもんだけど、食べ口はずっと軽く、
一つ摘めば、十分お茶が飲める甘みがありながら、
ちゃんと小豆の風味も楽しめる。

バランスの良い上々のお菓子。
これはオススメだわ。

本家にも、ときわ木って同じスタイルの菓子があるみたい。
今度はそっちも食べてみたいな。

レクタン大